弁護士に浮気の相談は無料?妻の浮気の証拠を掴んだら相談がおすすめ

投稿日:

浮気の慰謝料請求を自分一人でするのはデメリットがいっぱい。やり方によっては逆に訴えられたり、時間がかかりすぎて時効が来てしまうなんていうことも。費用がかかっても専門の弁護士に頼めば、慰謝料が増額して結果的に得をすることもあります。そんな浮気の慰謝料問題の弁護士のあれこれを解説していきます。

弁護士報酬は慰謝料請求の2割から

慰謝料を請求するのであれば、安全かつ法的拘束力のある方法で行いたいものです。自身で書いた慰謝料請求の申し入れが脅迫的であったりすれば、逆に脅迫罪で訴えられたりする可能性すらあります。また、その申し入れが法的な手続きによるものでなければ、相手に無視された場合、どうすることもできません。そのような事態に陥らないためには、法律の専門家ある弁護士に頼むことが得策です。弁護士に依頼してしまえば法律業務のすべてを任せることができるので、円滑かつ安全に慰謝料請求が行えるでしょう。

弁護士への費用は慰謝料請求額の20~30%

そこで気になるのは弁護士に依頼した際にかかる費用の相場ですが、およそ以下のようになっています。
慰謝料の合意書を作成なら、5万円から10万円
調停や裁判 慰謝料請求額のおよそ20%から30%(200万円の請求であれば費用はおよそ40万から60万円)

弁護士は交渉も不測の事態も対応してくれるので安心

慰謝料の合意書の作成は他にも行政書士や司法書士に依頼することも可能ですが、両者とも文書の作成を請け負うだけなので、相手との交渉の必要や不測の事態があっても対処することができません。弁護士はそうした場合でも臨機応変に対応することができるので、多少費用がかさんでも最初から弁護士に依頼することが確実といえます。

弁護士への無料相談から慰謝料請求まで

弁護士に法律相談すると1時間でいくら取られるとよく聞きますが、浮気の慰謝料請求の相談に関しては無料のところがほとんどです。そして相談の事案から方針を決めた後、本契約を結ぶという流れになります。その後必要に応じて内容証明郵便を作成し、弁護士のサポートを受けながら解決へと歩みを進めることになります。

弁護士への相談は無料で行える

弁護士に相談するために最初に行うことは、まず電話をすることです。さまざまな弁護士事務所が無料相談を実施いていますが、ここでは離婚問題を得意とした弁護士が数多く在籍している弁護士法人 alg & associatesを例にとって、その流れを見ていきます。

無料相談の前に受付スタッフに事前確認

alg & associates では30分の無料相談の時間をムダにしないため、事前に相談者の氏名などの本人情報、ならびに相談内容を受け付けます。その上で来所相談の予約を行います。

来所して相談する

指定した相談日に来所したら、相談を始めます。事前に相談内容を伝えてあるので、30分の相談時間でもスムーズに話に入ることができます。また相談する部屋は個室になっているので、安心して話をすることが可能です。ちなみに相談時間が延長した場合は30分毎に5,400円(税込み)の追加料金が発生しますが、当日に依頼すれば塩嶺料金も無料となります。

今後の方針を決める

相談内容から、交渉や裁判手続きなどの弁護士が必要な案件であれば、今後の具体的な方針を立てた上で、委任契約を結びます。このとき費用や報酬の説明があります。

慰謝料請求するには証拠を用意して交渉する

配偶者および浮気相手に慰謝料を請求する場合、慰謝料を請求するに値する証拠を用意し、その上で交渉をすることになります。このとき、法的に有効な流れで手続きをすることが大切です。法的に正しい手続きを踏んでいれば、相手は慰謝料の支払いを拒否や無視することはできません。

不貞行為の証拠を準備する

まずは浮気の証拠を手元に用意する必要があります。この場合の証拠は、肉体関係を示す証拠、つまり不貞行為の証拠が有効なものとなります。特に不倫相手に慰謝料を請求するのであれば、「既婚者であると知りながら関係を持った」ことを示す証拠であることが重要です。

配偶者ならびに不倫相手と話し合い慰謝料を決定

次に配偶者と慰謝料の金額や支払い方法などの示談交渉を行います。不倫相手に慰謝料請求するのであれば、事前に内容証明郵便で慰謝料の請求書を送ります。示談が成立しなければ調停や裁判のなかで行うことになります。

内容証明郵便の書き方から差し出すまでのポイント

内容郵便とは、その内容および、誰が、いつ、誰に対して出されたものであるかを、国が証明してくれる手紙です。法的拘束力はありませんが、公文書には違いないので交渉する相手には心理的圧力となります。しかし文面によっては脅迫や名誉毀損ととられる危険もありますので、気をつけなくてはなりません。

内容証明の書き方の例

基本的にケースに合わせた書き方が必要になりますが、以下に書くべきことの例をまとめてみました。

文書の件名 「通知書」とするのが一般的。
わかっている事実 不貞行為が判明している旨を述べる。興信所にて調査している、証拠があること等を主張する。
不貞行為は償うべき不法行為であることを説明 浮気は法的に償いを行うべき行為であるということを説明する。法律の条文や判例を記載するのもよい。
何を要求しているのか 交際や接触の禁止、謝罪文の提出、慰謝料の支払いなど、こちらの要求することを伝える。
要求の期限 要求に対する期限を明記して、期限を過ぎても回答がなければどうするのかを伝える。強く出るのであれば法的措置を取る考えがあるなどと書く。

文字数や行数制限に注意する

内容証明郵便には、決められた文字数や行数があります。使用する用紙に特に制限はありませんが、内容証明用の原稿用紙を使用すると分かりやすいです。

横書き 1行20字以内で1枚26行以内
1行13字以内で1枚40行以内
1行26字以内で1枚20字以内
縦書き 1行20字以内で1枚26行以内

枚数に応じて契印を押し、同じものを3通用意する

内容証明の用紙が2枚以上になれば、ホチキスで止めて用紙の重なる折り目に枚数ごとの契印を押します。そしておなじものを計3通作成します(相手に発送する分、郵便局で保管される分、自分の分)。

封筒に入れて配達証明付きで発送する

封筒は発送用の一通分のみ必要になります。封筒に書く差出人氏名住所は、中に入れる内容証明郵便に記載したものと同一のものにしなくてはなりません。完成したら3通と封筒を持って郵便局の窓口で内容証明郵便の発送をお願いします。一般的には配達証明付きを選択して送付します。

慰謝料請求に応じなければ時効前に弁護士に相談

慰謝料の支払いに相手が応じない場合は、弁護士に相談するのがよいでしょう。個人的に解決しようとして交渉が長引き、三年が経過すれば時効によって慰謝料が請求できなくなります。支払いに強制的に応じさせるには、弁護士に依頼することで法的措置に訴える他ありません。

弁護士を依頼して裁判すれば強制的に慰謝料を回収できる

弁護士をつけて裁判を行えば、もし相手が請求に応じない場合でも、さまざまな法的措置が可能となります。たとえば、相手が正当な理由がなく裁判に欠席すれば「欠席判決」にすることができ、こちらの請求がそのまま通ります。その判決を相手がさらに拒んでも、強制執行として相手の銀行口座から強制的に慰謝料を徴収することができます。

浮気問題の示談でも弁護士は活躍

示談では慰謝料の妥当な請求金額を相手と話し合いながら取り決めていきますが、弁護士がいればスムーズに進めることができます。弁護士のサポートを仰がず、自分で強引に示談を進めても、相手にとって無理な請求や支払い方法であれば、支払いの滞納や拒否などさまざまなトラブルを抱える危険があります。こうなると、自分で事態を収拾するのは難しく、結局弁護士に依頼することになるでしょう。

弁護士なら示談金の相場を詳しく知っている

慰謝料請求の示談に持ち込む場合、その請求額をあらかじめ決める必要がありますが、弁護士であれば相手が応じるであろう額や相場を考慮した金額を事案から判断することができます。なお示談金の相場は以下といわれいます。

ケース 不倫のみの場合 不倫による離婚の場合
配偶者が支払う示談金の相場 50万から100万円  100万から300万円
不倫相手が支払う示談金の相場 10万から80万円 80万から150万円

弁護士は内容証明の作成を代行してくれる

また不倫相手に慰謝料請求する場合は、弁護士が内容証明郵便の作成を代行してくれるので、自分で作るよりも効果的な内容のものが期待できます。示談するにあたり、前もって相手にかなりのプレッシャーを与えることができるでしょう。

弁護士が直接相手と交渉してくれる

不倫相手との直接交渉は弁護士が代理をしてくれます。これにより、自ら直接不倫相手と対峙して示談の交渉を行う精神的負担の心配をせずに済みます。

弁護士なら示談書の変更に即座に対応できる

早期に解決したいのであれば内容証明による慰謝料請求よりも、より穏便な示談書を作成して浮気相手と直接交渉するという選択もあります。このとき弁護士がいれば、話し合いの結果によって示談書の内容を正しくすみやかに変更するできます。

弁護士なら支払いを強制できる公正証書を用意してくれる

話し合いによって示談が成立した場合でも、もし支払いが分割になる場合は、示談書に加えて公正証書を作成しておくべきです。強制執行認諾約款付き公正文書を作成しておくことで、もし支払いが滞っても即座に相手の財産を差し押さえることができるからです。この公正証書も弁護士が用意することができます。

慰謝料請求に使う証拠集めは弁護士は行わない

浮気を原因として慰謝料を請求するのであれば、不貞行為の証拠が必要となりますが、これに関しては弁護士が集めてくれるわけではありません。証拠を集めるには自分で行うこともできますが、安全かつ速やかに入手したいのであれば、探偵や興信所などの専門家に依頼するのが無難です。

慰謝料請求には不貞行為の証拠が必要

配偶者や浮気相手から慰謝料を請求するには、不法行為があったことを示す証拠がなくてはなりません。この場合、浮気に肉体関係があったこと、つまり不貞行為の証拠があれば、不法行為として認められます。そのような証拠があれば、浮気によって円満な夫婦生活が破綻させられたという不法行為が認められ、相応の慰謝料を請求することができます。

有効な不貞行為の証拠は判断が難しい

決定的な不貞行為の証拠であるという判断は難しいものです。例えば、もしラブホテルに旦那と浮気相手が入っていった写真を持っていたとしても、その1枚だけではそれを不貞行為の証拠として認めさせるのは難しいのです。さらにそこを出るまでに肉体関係を持ったとうかがわせる滞在時間を証明できるものが必要になるからです。また、その行為が一度のみならず複数回あったのかという証拠を求められるケースも少なくありません。

弁護士は証拠集めは行わない

弁護士は浮気の証拠を集める調査活動などは行ってくれません。弁護士はあくまで集めた証拠を元に、示談や調停などの場で法律の専門家として協力することを請け負うという立場だからです。

浮気の証拠集めは探偵に依頼するのが無難

慰謝料請求を可能にする浮気の証拠集めは、自分で行うという方法もありますが、探偵や興信所に依頼する方が無難ともいえます。以下のような自分で集めるときのデメリットがあるためです。
慰謝料請求に使える有効な証拠がどうか判断が難しい
浮気調査が行き過ぎて犯罪行為につながる場合がある
調査が長引いて慰謝料請求の時効が過ぎてしまう
探偵や興信所はプロなので、有効な証拠がどういうものであるか熟知していますし、合法的に調査するノウハウも持っています。またスタッフの人数に余裕のある興信所であれば、少なくとも自分ひとりで証拠を集めるよりは迅速な調査を期待することができます。

浮気の制裁に使える誓約書の書き方

浮気をした配偶者と離婚はしないが、再び浮気を繰り返さないよう約束してほしい、あるいは不倫相手に二度と自分の配偶者に近付かないでほしい、といったケースには、誓約書(念書)を書かせるという方法があります。

誓約書とは約束を守ることを記した合意書

誓約書とは署名・捺印した者がその書かれた内容を守ることを約束した文書のことです。またお互いの署名・捺印があれば合意契約書となります。いずれにせよ、書かれた内容があまりにも反社会的でない限り、法的効力を持つものとなります。

誓約書を書かせる前に浮気の証拠を集め、浮気の事実を認めさせる

まずは浮気の証拠を集め、相手に言い逃れをさせない状況を作るのが先決です。その上で話し合いをし、浮気をしたことを認めさせ、二度と同じことを繰り返さないことを約束させ、それを誓約書に記録することに同意させます。

浮気の誓約書の書き方

浮気の誓約書には決まった書式はありませんが、大事な点は以下の3つといえます。
浮気の事実を認める
相手との関係を断つ
その約束を破った場合、どのようなペナルティを受けるか
例えば旦那に書かせるのであれば、「いつから誰と不倫関係にあったか」「二度と合わないと誓う」「その誓いを破った場合は離婚して金300万円を妻に支払う」などといった具合になります。

誓約書の効力を高めるために公証役場へ

その誓約書の効力をより確実にしたいのであれば、公証役場に行って認証を受け、合意契約書であれば公正証書にします。このことで、その書かれた内容が正当なものであると公証人にお墨付きをもらえるので、法的執行力がより強固なものとなります。また公証役場での手続きは弁護士に代理してもらうことも可能です。

弁護士はこんな浮気のケースでも使える

夫や妻に浮気があった場合、不貞行為の証拠があれば慰謝料を請求することは比較的容易です。しかし婚姻関係ではない浮気の場合は慰謝料請求をするのが難しいのが現状です。とはいえ、さまざま判例を知る弁護士に相談することで、活路が見いだせるケースもあります。また弁護士の助言、追求によって慰謝料の額を大幅に引き上げることに成功した例も多く見られます。

恋人の浮気でも条件によっては慰謝料を請求できる

不貞行為によって慰謝料が請求できるのは基本的に妻や夫など婚姻関係にあるもののみです。よって恋人関係では慰謝料の請求は難しいとされています。しかし長く同棲しているという関係であれば、「内縁関係(事実婚)」とみなされ慰謝料を請求できる場合もあります。内縁関係は婚姻に準ずる関係として法で保護されていますが、その立証条件は複雑です。知識のある弁護士と相談するのがよいでしょう。

婚約関係は場合によっては慰謝料を請求できない

婚約中の彼氏や彼女が浮気をしていた、この場合も慰謝料の請求をすることができます。ただしその婚約が成立していると認められなくてはなりません。婚約の成立にはお互いの口約束だけでなく、両家の挨拶や結納を済ましている、結婚式場を予約しているなどの、具体的な結婚に向けての行為をしているかが条件となります。もしこのような婚約の成立が認められない関係であれば一般的に慰謝料の請求は難しく、それでも争いたいのであれば、その落としどころを判断するには弁護士への相談が最善といえるでしょう。

離婚後の慰謝料請求額が弁護士の協力で増額

離婚後も消滅時効が成立していなければ慰謝料の請求が可能です。不貞行為の慰謝料が請求できる期間は以下のように定められています。
不貞行為があったときから20年間(除斥期間)
不倫関係の事実と浮気相手を知ってから3年間(消滅時効)
夫の不倫が原因で離婚した妻が、離婚後に弁護士の協力により、夫の浮気相手への慰謝料請求の大幅な増額に成功したという事例があります。彼女は慰謝料として100万円請求していたのですが、その後弁護士に協力してもらったことで、最終的に300万円の請求に成功したということです。

妊娠中の妻の浮気で多額の慰謝料を獲得する

妊娠中の妻が知人の男性と浮気をしたという事例では、浮気が悪質であるとしてその男性から多額の慰謝料を支払わせることに成功しています。弁護士によれば、妊娠中の人妻に不貞行為を働いたことは、母胎への影響に全く配慮していない無責任な行為であるとして追求できるということでした。確実な浮気の証拠もあったことから、結果的に多額の慰謝料が支払われました。このように弁護士は、浮気の内容を詳細に把握した上で、相手に鋭く追求できる点を見つけ出し、得られる最大限の慰謝料獲得に努めてくれます。

浮気の慰謝料請求に強い弁護士を選ぶために

優れた弁護士の協力を得ることで、浮気の慰謝料をより確実に請求することができます。インターネット等で調べると数多くの弁護士事務所がみつかりますが、そのなかでも浮気や離婚問題を解決した実績のある弁護士を見つけることが大切です。決して安くはない料金を支払うことになりますので、優れた弁護士の特徴やその評判と照らし合わせて選択したいものです。

Pマーク取得を取得しているところを選ぶ

プライバシーマーク(Pマーク)とは、個人情報を適切に扱えると認定された業者が使用を許されるマークのこと。この制度は一般財団法人日本情報経済社会推進協会という民間団体による認定であり、個人情報を取り扱う業者が必ずしも取得しなければいけない、というものではありません。しかし自主的に取るものであればこそ、Pマークを掲げる弁護士事務所は、個人情報保護の取り組みに力をいれている、と捉えることができます。

慰謝料請求の実績が多いところを選ぶ

弁護士事務所はそれぞれが得意分野を作ることで住み分けをしており、その中には慰謝料請求に強いことをアピールするところもあります。もし、あまりそういった取り扱い実績がない事務所に頼めば、事態解決のノウハウが少ないために、無駄に時間を浪費したり、余計に費用がかかったりするかもしれません。そのような事態を回避するためにも、浮気や慰謝料請求の問題を中心に取り扱う弁護士事務所を選びましょう。その中でも、より豊富な取り扱い実績もつ弁護士字事務所であれば、スムーズに問題を解決してくれるでしょう。

慰謝料請求の専門チームがあるところを選ぶ

慰謝料請求に実績のある弁護士事務所のなかでも、さらに専門のチームを配備しているところもあります。こうした体制があれば、相談受付の段階から専門チームが対応するため、相談から契約、そして事案解決にいたるまでスピーディできめ細やかなサポートが期待できます。

探偵との連携があるところを選ぶ

先述したように、弁護士が浮気の証拠を集めてくれることはありません。しかし弁護士事務所のなかには探偵事務所と提携しているところもあり、わざわざ自分で探偵を探して依頼するという手間を省くことができます。さらには税理士や司法書士などと連携しているところもあります。そうした事務所であれば、事案解決の際に急遽必要となった法的文書なども速やかに用意できるでしょう。

おすすめの弁護士事務所

評判のある弁護士事務所は数多くありますが、その中でも慰謝料請求の問題に強いと有名なのが、弁護士法人 Alg & associates です。人気の理由は離婚問題の専門チームがあること。電話での相談からすでに専任のスタッフが動き始めるので、きめ細やかでスピーディな解決が期待できます。またウェブサイトを見ると、本人解決のサポートならいくら、弁護士が代理するならいくらといった予算に合わせたプランも掲載しており、料金面も明確で安心できます。

当サイトおすすめ興信所・探偵事務所ランキング

  • 専門の夫婦カウンセラー在籍の HAL探偵社

    おすすめポイント
    • 日本最大級の13拠点、解決実績3万件以上
    • NPO法人公認のカウンセラーが在籍
    • 全国移動費無料、車両費・機材費全て込みで安心の料金設定
    惜しいポイント
    • 成功報酬の定義でもめてしまうケースがある

    HAL探偵社は実績・信頼性もあり、調査員1名1時間あたり6,000円と相場よりも安い料金プランかつ完全成功報酬(失敗すると料金は発生しない)なのでお得感満載ですが、依頼する際には「成功」がどのような定義なのか(特に相手が浮気をしていなかった場合)はしっかりと確認をしておきましょう。

  • 価格重視・弁護士希望の方に超人気の 響・Agent

    おすすめポイント
    • 調査1時間3,000円は業界最安値
    • 調査成功率95%以上、多数のメディア実績
    • 弁護士法人が運営する探偵社
    惜しいポイント
    • 車両費・機材費・実費は別途料金に追加される

    響・Agentは、圧倒的低価格と弁護士法人が運営する信頼感、無料でカウンセラーや弁護士を紹介してくれることから、費用を抑えて離婚や慰謝料を請求したい方に大人気です。調査料金は1時間6,000円、16時間以上の調査は1時間3,000円となるので、長めの調査ではお得になります。

  • 43年の実績!圧倒的安心感なら 原一探偵事務所

    おすすめポイント
    • 調査実績43年、解決件数10万件以上
    • 弁護士や資格を持ったカウンセラーを無料で紹介
    • 大手の安心感・調査力・サポート体制はどれもピカイチ
    惜しいポイント
    • 基本料金4万円、調査料金1日8万円と高めの料金設定

    原一探偵事務所は業界最大手の信頼できる探偵社です。長年積み上げた独自の調査手法やネットワーク、100台以上の調査車両と100名以上の相談員・調査員、24時間年中無休のサポート体制も整っており、テレビなど多数のメディア実績もある原一探偵事務所は、料金が多少高くても信頼できる探偵に依頼したい方におすすめです。

  • 探偵社の無料見積もりなら 探偵さがしのタントくん

    おすすめポイント
    • 実績のある探偵社のみ厳選して紹介
    • 専門の相談員が親身になって話を聞いてくれる
    • 相談から紹介まで完全無料
    惜しいポイント
    • 探偵紹介まで少し時間がかかる
    • 料金プランや探偵社の説明が長い

    探偵さがしのタントくんとは、専門の相談員があなたと一緒に探偵社を探してくれるサービスです。初めて探偵を利用する方だと、料金や契約内容でトラブルが発生してしまう場合が多いですが、タントくんは第三者としてしっかりとサポートをしてくれるので、探偵選びに悩んでいる方におすすめです。

-浮気の慰謝料


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

浮気の慰謝料請求は3年以内に!知らないと危ない時効の法律まとめ

一度は浮気を許したけど、やっぱり我慢できない、慰謝料を請求したい。そんなあなた、浮気に時効があるのをご存知ですか?時効とは、ある一定期間権利を行使しな …

no image

浮気・不倫の裁判は起こすな!費用や証拠が揃っても示談を試みるべき

旦那や妻の不倫行為は決して許せるものではないですよね。裏切られたことに対する怒りや悲しみの気持ちは計り知れませんし、そういった気持や相手との関係に見切 …