浮気の罪悪感が芽生える基準には男性と女性で違いがあった

投稿日:

男女問わず、浮気をした側がやけに堂々としていたり自分を正当化している姿を見ると、怒りを通り越して呆れてしまうものです。悪いことをしたと口では言っていても、その姿にはむしろ妙な自信が見え隠れしていることも。浮気をした人の心には、果たして罪悪感はあるのでしょうか。男女の違いと合わせてみていきましょう。

男性にあるのは罪悪感ではなく間違いだったという反省の気持ち

浮気をした男性の多くが口にするのは「自分が間違っていた」という言葉です。一見反省しているように感じますが、よくよく聞いてみると「何が」「どう間違っていたのか」がはっきりとせず、浮気をされた女性だけでなく、その浮気相手にももやもやとした気持ちを抱かせます。男性が浮気をした時の心情を見てみましょう。

男性は自分の中の正義が正しいと思えばどんなことでも出来てしまう

浮気はパートナーを裏切る行為になる、という考えが男性に無いわけではありません。しかし、浮気をするその瞬間に男性がそこまで考えていることは皆無です。一時的な身体の付き合いだからこれでおしまい、長引くことはないし浮気相手も納得してるから大丈夫、という自分の中の正義が許可を出してしまうと、男性は平気で浮気をしてしまいます。その姿はまるで、子供がやりたいイタズラをやってしまうような感覚です。

男性が慌て出すのは自分にとって不都合な部分が出てきてから

一度自分の正義が認めてしまうと、その後何か起こるまでは男性はズルズルと浮気を繰り返します。そこにあるのはあくまで自分だけの基準なので、パートナーは勿論浮気相手の女性に対しての誠意はほとんどないと言ってもいいでしょう。この場合の誠意とは、ただ優しく接して楽しく過ごすということではありません。パートナーに対しても浮気相手に対しても、自分が犠牲になってまでケジメをつける気がないという意味です。

このような男性が慌て出すのは、自分の浮気がパートナーにバレたり浮気相手が妊娠してしまったりなど、予想していない現実が突きつけられた時です。

男性は過ちを犯したことは認めても罪悪感が薄い

パートナーに浮気がバレてしまっても、残念ながら男性の罪悪感を引き出すことは難しいでしょう。浮気されたことに対しても深く傷ついたパートナーの姿をみた時、そこで初めて罪悪感らしきものは現れますが、それもまた取り返しが付くことだと思っているところがあります。目の前に問題が現れた時にどのように対処をしようかと思い巡らせることは得意なのですが、自分の正義を変えたり過ちを認めて心を入れ替えることが出来るのは極一部です。

もう一度やり直そうと思って頑張ってみても、どうしても根本的なところですれ違いが生じてしまいうまくいかないのはそのためです。パートナーであり女性がまるで浮気をなかったことのようにしながら再構築していくのは、女性の求める反省を男性に求めても無理だということを最初から分かっているからかも知れません。

女性の浮気は罪悪感を伴うがそれも覚悟の上で浮気をする

女性は自らに純潔さを求める傾向があります。身も心も清らかなまま、誰も傷つかない美しい恋愛や結婚をすることが一番良い方法で、それ以外の恋愛は罪の意識があり自分を責めるのが女性です。ではなぜ自分を責めてまで浮気をするのでしょうか。そこには男性には理解出来ない情勢の心理が隠されています。

先のことまで不安に思っても女性は感情を抑えられない

浮気は悪いこと、汚れていて拒否感があること。浮気をしている多くの女性はこのような言葉を口にします。しかしそう思っていながら浮気に走るのもまた女性なのです。その時にあるのは悪いと分かっていながら浮気をすることへの高揚感と、例え責められても想いを抑えることが出来ないという複雑な女性心理です。

最初から罪悪感がある為、その先に起こるかも知れない様々な出来事を思い描くことは容易な筈なのですが、それがストッパーにならない程の心の動きが女性を浮気へと走らせます。

罪を背負う覚悟を持っているという一種の許容がある

全てを分かった上で受け入れて浮気をしたという事実に、女性は自分に対しても許容している部分が見られます。強いていうのなら、「覚悟を決めて浮気をした自分の心の清さ」を言い分にしている感じでしょうか。浮気は純潔ではないことは分かっているのですが、それにも増してその罪を受け入れている自分の心を尊いものと感じ、それが浮気を許容することへつながっています。

浮気がバレた女性が堂々と自分の罪を認めている様子はある意味潔いのですが、それを許すか許さないかはあくまで浮気されたパートナー側に託されることです。自分の思い通りに許されず言い訳を募る女性は、やはり第三者から見ても気持ちのいいものではないでしょう。

女性は自らを責め続け浮気の罪悪感から逃れようとする

浮気をするしないに関わらず、多くの女性は自分の純潔さを心の正しさと認識しやすい傾向にあります。罪悪感がないことが正義であり、罪悪感さえなければどのような行動も正当化されていきます。つまり、自分の心に善悪の判断があり、それに伴って行動しているのが女性です。このルールから外れてしまうと、女性はとにかく罪悪感から逃れようと必死になります。

浮気は悪いことだと分かっていながらそれでも覚悟を持って浮気をした後、結局は自分の持つ罪悪感から常に自らを責め続けることになり、その苦痛から逃れたくて正統化しようと必死になる姿は時に哀れにすら見えます。だからと言って浮気が許されるものではないこともまた、女性自身は理解をしているのです。

男性は後悔した時初めて大きな罪悪感を持つことが出来る

残念ながら、男性は浮気をしているその瞬間には罪悪感を持つことはほとんどありません。あったとしても実感がなく机上の空論にしかならない為、具体的な予測がつかないからです。男性が浮気を後悔する時、それは、自分の手にしていた様々なステータスが崩れて行くのを目の当たりにした時です。男性が後悔と罪悪感を持つその過程をみてみましょう。

男性の多くは浮気をしてもやり直しがきくと思っている

先にも述べたように、男性は浮気をしている時に罪悪感はありません。自分の中で問題がなければそのままズルズルと浮気を繰り返していってしまいます。それは、パートナーと浮気相手の両方が揃っていることが当たり前で、決して二人に順番をつけているわけではないからです。最初からカテゴリー分けされているものを、比べる必要性はありません。妻として最高、浮気相手として最高であれば、満たされているのが男性です。

そしてこのような場合、浮気がバレたとしてもまだどこかで自分のやってきたことには問題はなく、やり直しが出来ると思っていることが多いのです。女性との話し合いを避けて自分を守ることに必死になったり、謝罪の言葉を口にしてもパートナーや不安になるのはこのためです。浮気をした男性に必要なこと、それは取り返しがつかないことを分からせることです。

男性は失うかも知れない恐怖を持った時初めて罪悪感が生まれる

自分のパートナーと浮気相手の女性、カテゴリーの違う二人を同列にみている男性が一番慌てるのは、そのどちらかが関係の終わりを告げたり深く傷ついた姿を目にした時です。自分の中ではうまくバランスを取っていると思っていた関係性が、実は単純に男性側のわがままに女性が付き合っていただけだと知った時、男性はようやく罪の意識や心からの反省をしようとして動き出します。

男性を取り巻く環境が大きく変化することでも罪悪感が生まれる

一度うまくいっていた状態が崩れることは、男性にとっては苦痛でしかありません。その苦痛こそが罪悪感になり、後に後悔となって男性を変えるきっかけにもなります。浮気がバレて妻から離婚を突きつけられ子供も取られた、会社にバレて左遷された、浮気相手を妊娠させてしまい言い逃れが出来なくなったなど、自分の思い通りの生活が一変してしまう出来事は大きなショックとなって男性を襲います。

そこに行き着く前に考えを改められれば一番良いのですが、残念なことに男性の浮気の多くは既に取り返しがつかなくなってからようやく後悔して動き出すことがほとんどのようです。

浮気した男性とやり直すには根気が必要となる

このような男性とやり直すことを選んだ場合は、とにかく根気が必要となります。根本的な考え方が違うので理解はしにくいのですが、パートナーとの関係性が冷えた上での浮気ではないのであれば、まだ改善の余地は残されています。浮気をしたことをお互いの両親に謝罪させたり公的証書として念書を書かせるなど、可能な限り大げさにして取り返しのつかないことをしたと認識させ、そこから後悔と再出発の意思を引き出すように根気強く付き合うことが重要となります。

罪悪感も糧となる女性の浮気を止めるのはパートナーの愛情

罪悪感すらも恋愛の糧にして浮気相手へと走ってしまう女性には、罪悪感からの反省を求めてもあまり効果はありません。全てを捨て去る覚悟をして全身全霊で浮気相手に注いでいる愛情を取り戻し、浮気から目を覚まさせるのは、パートナーとの生活がいかに愛情に溢れて安心出来ていたかに気がつかせることです。女性の心理状態から浮気をやめさせる為に重要なポイントを探ってみましょう。

女性の浮気は最初から本気になりやすい

女性は浮気をする時からすでに罪悪感と話し合いをつけています。悪いことだと分かっているからこそ最初から覚悟を持って浮気をしているので、ある意味なかなか始末に負えないかも知れません。何か問題が起こってからどうするべきが考える男性と違い、女性は最初からあらゆる出来事を想定してはその度に答えを出しています。いうなれば、結論や解決方法を準備してから浮気をしている状態です。

悩んだから自分は既に反省していると勘違いする女性も多い

頭の中で自分の罪悪感と向き合って答えを出してしまう女性の場合、浮気がバレても既にに十分罪を認めて償ったと勘違いをすることがあります。これは浮気に至るまでの時間で既に散々悩み苦しんだという自分の感覚を、他人にも認めてもらえるというすり替えから起こる現象です。こういうタイプの女性は、パートナーの男性が許さずにすぐに元通りの生活へ戻れない事に逆に腹を立て、話し合いが長引くどころか破綻することもあり得ます。

反省はしているのかも知れませんが、償いはまた別物です。一度裏切られた人から再び信用して貰うには、裏切った年月以上の時間を掛けて信頼を取り戻すように誠意をみせなければなりません。一気に話すと逆に喧嘩になるかも知れませんが、少しずつ話をして理解をするかどうかが分かれ目となりそうです。

女性の心を再度動かすのはパートナーへの愛情

女性は浮気をする時、男性のように役割でカテゴリー分けをしているわけではありません。愛情を傾けるべき相手という大きなくくりの中で、パートナーを塗りつぶすように浮気相手の存在を上塗りします。浮気が発覚している時は既に心にあるのは浮気相手ですので、例え表向きだけ平穏に暮らしているように見えてもまだ浮気相手への愛情は燻っています。これを覆さない限り、女性の心からの反省は得られません。

浮気相手では得られなかった安心感や満足感を十分に感じ取り、浮気相手から再びパートナーへの愛情を上塗りすることでようやく女性は心からの反省をします。

子供への愛情がきっかけで目が醒めることもある

子供がいる夫婦の場合は、母性を取り戻した時に我に返って反省をする場合もあります。愛情の上塗りで言うのなら、浮気相手への愛情よりも子供が勝った状態です。ただし、これだけでは本当の意味で浮気した妻が反省したとは言えないでしょう。子供さえ手放さなければ離婚して浮気相手と再婚する、と考える女性がいるのもまた事実です。

大切なのは、浮気した女性の中の優先順位がどうなっているのかを知ることです。女性の持つ女性ならではの基準を理解してあげられた時に、ようやく向かい合えるのかも知れません。

浮気の罪悪感が後悔となった時にようやく大切な物に気がつく

浮気をしている人は、罪悪感があってもその時にはまだ自分を止めることが出来ません。ただし、罪悪感から自分の状況を考えることは出来ます。そして考えることによって初めて失うかも知れない大切なものの存在に気付き、後悔をすることが出来るのです。後悔する程の罪悪感がなければ浮気を続けてしまう男性、罪悪感すら上回り自らの想念に駆られる女性、共に第三者の目からみれば結果が分かりきっているのですが、それに気がつくまでには長い時間が掛かります。

もし心の隙間に浮気が入り込んできた時、その誘惑に身を委ねる前にしっかりと自分の大切なものに目を向けてみましょう。選択を誤れば失うかも知れない恐怖、それが浮気を止める一番のストッパーとなるでしょう。

当サイトおすすめ興信所・探偵事務所ランキング

  • 専門の夫婦カウンセラー在籍の HAL探偵社

    おすすめポイント
    • 日本最大級の13拠点、解決実績3万件以上
    • NPO法人公認のカウンセラーが在籍
    • 全国移動費無料、車両費・機材費全て込みで安心の料金設定
    惜しいポイント
    • 成功報酬の定義でもめてしまうケースがある

    HAL探偵社は実績・信頼性もあり、調査員1名1時間あたり6,000円と相場よりも安い料金プランかつ完全成功報酬(失敗すると料金は発生しない)なのでお得感満載ですが、依頼する際には「成功」がどのような定義なのか(特に相手が浮気をしていなかった場合)はしっかりと確認をしておきましょう。

  • 価格重視・弁護士希望の方に超人気の 響・Agent

    おすすめポイント
    • 調査1時間3,000円は業界最安値
    • 調査成功率95%以上、多数のメディア実績
    • 弁護士法人が運営する探偵社
    惜しいポイント
    • 車両費・機材費・実費は別途料金に追加される

    響・Agentは、圧倒的低価格と弁護士法人が運営する信頼感、無料でカウンセラーや弁護士を紹介してくれることから、費用を抑えて離婚や慰謝料を請求したい方に大人気です。調査料金は1時間6,000円、16時間以上の調査は1時間3,000円となるので、長めの調査ではお得になります。

  • 43年の実績!圧倒的安心感なら 原一探偵事務所

    おすすめポイント
    • 調査実績43年、解決件数10万件以上
    • 弁護士や資格を持ったカウンセラーを無料で紹介
    • 大手の安心感・調査力・サポート体制はどれもピカイチ
    惜しいポイント
    • 基本料金4万円、調査料金1日8万円と高めの料金設定

    原一探偵事務所は業界最大手の信頼できる探偵社です。長年積み上げた独自の調査手法やネットワーク、100台以上の調査車両と100名以上の相談員・調査員、24時間年中無休のサポート体制も整っており、テレビなど多数のメディア実績もある原一探偵事務所は、料金が多少高くても信頼できる探偵に依頼したい方におすすめです。

  • 探偵社の無料見積もりなら 探偵さがしのタントくん

    おすすめポイント
    • 実績のある探偵社のみ厳選して紹介
    • 専門の相談員が親身になって話を聞いてくれる
    • 相談から紹介まで完全無料
    惜しいポイント
    • 探偵紹介まで少し時間がかかる
    • 料金プランや探偵社の説明が長い

    探偵さがしのタントくんとは、専門の相談員があなたと一緒に探偵社を探してくれるサービスです。初めて探偵を利用する方だと、料金や契約内容でトラブルが発生してしまう場合が多いですが、タントくんは第三者としてしっかりとサポートをしてくれるので、探偵選びに悩んでいる方におすすめです。

-浮気後の復縁


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

浮気が原因で別れた元彼と復縁するにはどうしたら良い?

「浮気をされて、彼氏と別れてしまった。しかし、今になって私には彼が必要だと気づかされた」 結婚していないカップルの場合、相手が浮気をしてしまうのは少な …

旦那・妻の浮気が許せない心理を男女の違いからクソ真剣に考えたら…

今回は、浮気が許せないと感じる男女の受け止め方を、分かりやすくご紹介します。さらに、恋愛観・性差・性役割の観点から、男女の心理・思考・行動パターンの違 …