浮気している夫に制裁を下したい!効果的な方法は?必要な準備は?

投稿日:

旦那が浮気をしていると分かると、多くの人が制裁を下したいと感じます。ですが、実際に何をしたらいいのか分からず結局は慰謝料をもらうことで気持ちを納得させているようです。自分がスッキリ気分になれる復讐の方法はあるのでしょうか。どんな準備が必要なのかも併せて紹介します。

浮気夫に制裁を下す前に証拠集め!どんなものを、どのように?

夫の浮気が判明したら、今すぐにでも制裁を下したいと思ってしまいますが、その前にしなければ行けないことがあります。それは浮気の証拠集めです。離婚をするにしても、しないにしても確実に浮気をしたという証拠があればあるほど話し合いはあなたに有利に進めることができます。

浮気の証拠になるものとは、不貞行為が分かるもの

裁判で「浮気の証拠」として認められるものは旦那と不倫相手が不貞行為をしたことが分かるもの出なくてはなりません。つまりセックスをした証拠が必要なのです。どのようなものが浮気の証拠なのでしょうか。

ラブホテルに何度も出入りしている写真・動画

「何度も」というのが重要です。一度しか出入りしていなければ「飲食店で服を汚してしまい、洗ったり着替えのために入った」と言い訳されたら逃れられるからです。またラブホテルに滞在した時間が分かると尚良いでしょう。40分以上の滞在というのが目安となります。もちろん、旦那の顔がはっきり分かるものしか認められません。

相手の自宅に複数回出入り、宿泊している

相手の家であっても一度や二度では認められません。特に夫婦間の浮気については一度のみの関係では遊びという扱いになり浮気・不倫とは認められないことが多いからです。そのため、出入りしている証拠写真も何日分も集めなくてはいけません。

浮気をしたと分かる録音テープ

音声のみでも浮気をしたと本人が認めるものがあれば証拠として認められます。しかし、不倫相手との電話を盗聴したものでは証拠として認められません。夫婦の会話で問いただしたら認めたという場合に限り有効となります。

不貞行為中の写真

なかなか難しいと思いますが、行為真っ最中の写真を撮ることに成功した配偶者もいます。自宅が浮気現場となった場合、遭遇することがあるからです。また、一部の人たちは行為中の裸写真を撮るのが好きだという人もいます。浮気なのによくそんな大胆なことを、と思いますが携帯にはロックがかかっているからと危機感が薄れて撮影するようです。そしてふとした瞬間にバレてしまいます。これはかなりラッキーなケースですが可能性はゼロではありません。

同居している証拠

単身赴任中など特殊な環境では不倫相手と同居する既婚者もいるようです。遠く離れているから不倫発覚することはないと思っているのでしょう。この場合出入りする写真が一枚でも郵便受けや表札で生活していると確認が取れます。

不貞行為を認める日記やメモ、アプリ

女性は月経周期や妊娠の可能性からアプリなどでセックスした日を管理していることも多いでしょう。しかし男性にはあまり利用者がいないと推測されます。ですが、何らかの形で不貞行為を認める記述があれば証拠になります。

証拠として認められないもの、弱いもの

メールやラインで連絡を取り合っているのを証拠としたいのは分かりますが、会う日時が分かるだけで不貞行為の証拠とはなりません。ただし、文面にいつ不貞行為をしたという記述があれば、証拠として認められることがあります。

またラブホテルの領収書、宿泊旅行支払い時のクレジット利用控えなどは証拠としては弱いと言えます。しかし何度も利用しており、持っている領収書のうちの何回かは写真の撮影に成功している場合、領収書だけでも不貞行為があったとみなされることもあり、不貞行為の回数、関係があった期間が長くなり慰謝料を高くできる場合があります。

証拠はどうやって集める?現場に近づく必要がある

浮気の証拠を集めるには浮気現場に近づかなければいけません。そのためには浮気現場を特定しなければいけません。

会社帰りの夫を尾行

一番に思いつくのは尾行するという方法でしょう。しかし、尾行はとても難しく、本人に気がつかれないようにするのも大変ですし、周りの人に怪しまれないようにしなければいけません。不倫相手宅に張り込んでいて警察を呼ばれたケースもあります。また、子供がいると自分だけが自由に動くことは難しく、この方法は現実的ではないと言えるでしょう。

ラインやメールから浮気現場を特定する

上記の通りラインやメールのやりとりは証拠としては認められませんが、いつ・どこで会うのかは分かります。待ち合わせ場所は不貞行為の現場に近いことも多いのでラブホテルに出入りする写真を撮ることも可能でしょう。このように事前に日時が分かっていれば子供を両親に預けるなどの対策も取れます。

夫をGPSで追跡する

GPSにもいくつかの種類がありますが、浮気現場を特定しやすい道具です。携帯電話にも搭載されており身近だと感じる人もいるでしょう。車移動が中心であればカーナビのGPSも利用できます。また子供携帯を車に仕込んでどこにいるのか追跡する人もいます。

自力で証拠を集めるのは大変。探偵に依頼するのが確実

証拠を集める方法をいくつか紹介しましたが、自分でやるのは大変そうだと思ったことでしょう。仕事や家庭の事情で時間が取れない、性能の良いカメラ、GPSなど必要となる機器もあります。そして実際に浮気しているだろう現場に何度も近づき怒りの気持ちを抑えて何度も証拠を集めなければいけないというのは精神的にも大変なことです。

ですので、最終的な証拠集めは探偵に依頼するのが確実です。メールやラインが見えて待ち合わせが分かった時点で、その時間と場所を探偵に伝え張り込んでもらうのです。それであればかかる費用も最小限で済みますし、離婚・慰謝料請求に最適な証拠を集めてもらえます。

浮気した夫への効果的な制裁は何?経済面、精神面など

浮気が発覚し証拠も集まったけれども、子供が小さかったり持病があるなどで離婚できないケースも多くあります。だからと言って何の行動もせずに話し合うだけでは感情が整理しきれません。夫が大きなダメージを受ける制裁を紹介します。

浮気をやめさせることが第一、そして二度としないことを誓わせる

浮気の証拠を掴んだらまずは本人に浮気をやめさせなければなりません。離婚しないとは言えそのまま浮気を続けて良いわけではなく、きちんとケジメはつけるように伝えます。自分が精神的に耐えられるのであれば、浮気相手にも会い目の前で連絡先の削除を完了させます。もし社内不倫など仕事で連絡を取り続けなければいけないようならば、どちらかが異動または転職をして二度と接触させないようにします。

慰謝料で経済的制裁

経済的に効果のある制裁は慰謝料です。慰謝料は夫からだけでなく浮気相手からも取ることができます。離婚しない場合は離婚する場合よりも慰謝料は低くなりますが効果的であることは間違いありません。また慰謝料は必ず一括で支払わせます。夫婦なので貯金額なども分かっていると思いますが、その場合は共有財産などを自分の名義にする等で補うようにします。また、相手からの支払いについても相手家族と話し合って一括で払わせるようにしますが、同様に相手の配偶者から夫に対して慰謝料支払いを求められる可能性があることは理解しておきましょう。

お金を自由に使えなくする。給料・カードは全て妻が管理

こちらも経済的制裁です。浮気をするということは遊ぶお金があるということなので、お金を全て妻が管理し、必要な時にその都度渡す、また領収証などで清算するようにします。もちろんキャッシュカード・クレジットカードは妻が管理します。

携帯電話、スマホを妻はいつでも見られるようにする

一度浮気をしたのですから、プライバシーなどとは言えないはずです。いつでも妻は携帯やスマホをチェックして良いと取り決めます。仕事に関わらないSNS(フェイスブックやLINEなど)はIDを消去したあと削除したりして新しく浮気相手を見つけることも、連絡先を交換することもできなくしてしまいます。中には携帯電話自体を解約し、子供携帯を持たせたという強者な妻もいます。もちろん登録先は家・両実家・妻・会社のみにしたそうです。

また当然ですが携帯・スマホのGPSはいつでも見られるようにしておきます。カーナビの経路記録や浮気防止アプリなども利用し、妻はいつでも夫の行動が分かるようにしておくのです。実際に確認するかどうかよりも「俺の行動は見られている」と夫に浮気はできないと思わせるのが大切です。

誓約書を書かせる

慰謝料が一括で支払えない場合や浮気後の夫の生活に条件をつけたい場合は、誓約書を書かせるようにします。共有財産の権利は妻、慰謝料の金額、ローンの支払いは夫、妻が離婚したい時に離婚できるなどメモのようなものでも日付・本人の署名・印鑑があれば効力を発揮します。

両親への報告、ダブル不倫なら相手の配偶者にも

夫が精神的にダメージを受ける制裁は両親への報告だと言います。良い歳をして自分の両親に怒られ、両親と一緒に義両親へ謝罪というのはかなり辛いと言います。しかし、離婚をするにしてもしないにしても結婚は家族同士の繋がりなので両親への報告は避けては通れません。ただし、義両親については息子に甘く「浮気された方が悪い」と主張してくる親もいるので必ずしも報告が制裁になるとは限りません。

ダブル不倫だった場合、相手の家族との話し合いも必要です。こちらの家庭は離婚しないのに向こうは離婚になるなど条件が違う場合もあり当人だけでは話し合えないとなるのであれば弁護士を頼んでしっかりとケリをつけなければいけません。ダブル不倫の場合は自分自身は被害者でもありますが、相手から見ると加害者家族と映ります。特に夫の浮気の場合「妻は旦那の手綱をきちんと握っておくべきだ」と責められることもあります。制裁だけではなく、自分が傷つく可能性もあると覚悟が必要です。

会社への報告で社会的信用をなくす制裁

降格や左遷などで夫の給料が下がる可能性がありますが、自分が稼げる状態にあるのであれば社会的信用を失うというのは大きなダメージです。しかし、どのように会社に報告しようかと考えてしまうかもしれませんが「夫が浮気をしたため、話し合いの時間が欲しい」などと休みの連絡を入れたり「しばらくは度々休むことになる」と挨拶の中に浮気をした事実を盛り込んで伝えます。また浮気相手が同じ会社に勤めている場合は「◯◯さんが夫と浮気をした。二人が今後会わないように配慮して欲しい」などと直球で伝えている場合もあります。

きついペナルティーを与えたのなら、それ以上問わない

上にあげた制裁はどれもがきついペナルティーです。それだけですぐに気持ちに整理をつけなさいとは言いませんが、ペナルティーを与えたのであればそれ以上その話題に触れないようにします。もし慰謝料や条件などを守らないなどあれば「浮気したあなたが」と責めるのではなく「そういう取り決めにしたでしょ」と伝えます。与えたペナルティー以外に制裁は加えず「浮気したんだから、家事は全部担当して」というような追加の制裁は加えないようにしします。

浮気をした夫に対して、実際にどんな制裁が下された?事例を紹介

浮気をした夫に対して妻たちはどんな制裁を下したのでしょうか。社会的に立ち直れないような強烈な制裁から、もう二度と浮気はできないだろうけれどクスッと笑えるものまで紹介します。

夫と不倫相手は社内不倫、会社で会議室を借りて話し合い

夫の一泊出張が増えたと思ったら浮気でした。探偵に依頼して証拠が揃ったので、出張だと言われていた日の終業時刻に会社を訪ね「出張だとは聞いていますが、忘れ物を上司に渡してもらいたい」と取り次いでもらいました。ちょうどその時夫と浮気相手が受付付近を通り、受付の方が呼び止めてくれたので「初めまして。浮気相手のA子さん、妻です。こちら、忘れ物の書類ですが必要ですよね」と証拠写真をその場で提示しました。

すでに内線が入っていた上司が会議室を使わせてくれ、さらには立会いまでしてくれて二人共降格、一緒に仕事をすることがないように部署替えをしてくれました。ちょうど他の人も帰る時間だったので多くの人に浮気を知られ、夫は肩身が狭かったようです。私も鬼嫁と言われました。

下着を全部白ブリーフに。しかも一言メッセージ付き

浮気発覚の際出会い系を利用して一回の遊びだったと言われ、悩みましたが許すことにしました。友達に相談したところ、下着をダサい白ブリーフに替えるという復讐方法を知恵袋で見たと教えてくれてやってみることにしました。旦那は割とオシャレさんでしたが下着は全部白ブリーフ、しかもそれぞれに油性ペンでメッセージを入れました。例えば、ひらがなで大きく名前を書いて幼稚園児のようにしたり、大事な部分には着用者から「浮気しません」と読めるように書きました。旦那は見られてしまうのでトイレの小便器も使えないと言っていましたが、家庭でも職場でもそれを穿いています。子供が分かるようになるまでは下着を新調してもこのようにメッセージ付き白ブリーフにしようと思っています。

不妊治療中の浮気、夫から離婚を言い出した

不妊治療のある日夫が話があると言いました。待ち合わせには女性がいて「この人と結婚したいから離婚してほしい。不倫相手が妊娠しておりそちらと家庭を持ちたい」ということでした。夫は離婚届に記入済みで、私はそれを受け取りましたが考えさせてと伝えました。夫は相手と一緒に帰って行き帰宅しませんでした。

私は夫に義両親、両親、相手の両親で話し合い、それぞれに謝罪をしてくれるなら離婚に応じると伝え、夫は数日後に「分かった、日にちを調整する」と言いました。約束の日、両親と義両親はなぜ集められたのか知りません。夫が説明・謝罪する様子を録音し夫が土下座で私の両親に謝り両親も「子供がいるなら仕方ない」となった後です。

「でも、おかしいね。ウチの不妊は夫が原因なのに」夫のプライドのため伝えていませんでしたが我が家は夫側にも原因のある不妊で、健康な女性とでも自然な妊娠は望めないと医者に言われています。みんなが「え?」と浮気相手を見るとみるみる血の気が引いて行きました。その後の話は聞いていませんが、録音内に慰謝料や財産のことも全て了承するという言葉があったのでそのまま離婚届は提出しました。

当サイトおすすめ興信所・探偵事務所ランキング

  • 専門の夫婦カウンセラー在籍の HAL探偵社

    おすすめポイント
    • 日本最大級の13拠点、解決実績3万件以上
    • NPO法人公認のカウンセラーが在籍
    • 全国移動費無料、車両費・機材費全て込みで安心の料金設定
    惜しいポイント
    • 成功報酬の定義でもめてしまうケースがある

    HAL探偵社は実績・信頼性もあり、調査員1名1時間あたり6,000円と相場よりも安い料金プランかつ完全成功報酬(失敗すると料金は発生しない)なのでお得感満載ですが、依頼する際には「成功」がどのような定義なのか(特に相手が浮気をしていなかった場合)はしっかりと確認をしておきましょう。

  • 価格重視・弁護士希望の方に超人気の 響・Agent

    おすすめポイント
    • 調査1時間3,000円は業界最安値
    • 調査成功率95%以上、多数のメディア実績
    • 弁護士法人が運営する探偵社
    惜しいポイント
    • 車両費・機材費・実費は別途料金に追加される

    響・Agentは、圧倒的低価格と弁護士法人が運営する信頼感、無料でカウンセラーや弁護士を紹介してくれることから、費用を抑えて離婚や慰謝料を請求したい方に大人気です。調査料金は1時間6,000円、16時間以上の調査は1時間3,000円となるので、長めの調査ではお得になります。

  • 43年の実績!圧倒的安心感なら 原一探偵事務所

    おすすめポイント
    • 調査実績43年、解決件数10万件以上
    • 弁護士や資格を持ったカウンセラーを無料で紹介
    • 大手の安心感・調査力・サポート体制はどれもピカイチ
    惜しいポイント
    • 基本料金4万円、調査料金1日8万円と高めの料金設定

    原一探偵事務所は業界最大手の信頼できる探偵社です。長年積み上げた独自の調査手法やネットワーク、100台以上の調査車両と100名以上の相談員・調査員、24時間年中無休のサポート体制も整っており、テレビなど多数のメディア実績もある原一探偵事務所は、料金が多少高くても信頼できる探偵に依頼したい方におすすめです。

  • 探偵社の無料見積もりなら 探偵さがしのタントくん

    おすすめポイント
    • 実績のある探偵社のみ厳選して紹介
    • 専門の相談員が親身になって話を聞いてくれる
    • 相談から紹介まで完全無料
    惜しいポイント
    • 探偵紹介まで少し時間がかかる
    • 料金プランや探偵社の説明が長い

    探偵さがしのタントくんとは、専門の相談員があなたと一緒に探偵社を探してくれるサービスです。初めて探偵を利用する方だと、料金や契約内容でトラブルが発生してしまう場合が多いですが、タントくんは第三者としてしっかりとサポートをしてくれるので、探偵選びに悩んでいる方におすすめです。

-旦那の浮気


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

男に浮気を後悔させる方法!別れたくない女性は覚えておこう

浮気をされても、女性は男とすぐに別れる必要はありません。 大切なのは、男に浮気をしっかり後悔させることです。 放っておいても、浮気を後悔する男はいます …

旦那の浮気で離婚か迷う…子供がいても絶対後悔しないための方法

旦那の浮気で離婚するべきか迷っている。多くの妻が抱えている問題ですね。子供がいて離婚に踏み切れない。または離婚後に夫が浮気相手と幸せになるのが許せない …

no image

旦那の浮気が怪しい行動第2位は“急なおしゃれ”。第1位は◯◯!

旦那の行動が最近何か怪しいと感じることはないでしょうか。あなたが感じるその不信感は浮気の表れかもしれません。いつもとは違う感じがするときは、何か隠して …

浮気・不倫チェックリスト

浮気してるかも…不倫チェックリストで旦那の心理を確認する方法

著名人の浮気や不倫の発覚が多い昨今、「うちの夫は大丈夫だろうか」「他の女性と関係を持っているのでは」と疑っている方も多いのではないでしょうか。 浮気を …

no image

浮気心理ゼロの男性はいない!旦那、彼氏を本能に勝たせる6つの方法

「男は浮気するもの」と言いますが、そう言われる理由は「子孫繁栄の為に、性行為をしなければいけない。」という動物的本能が関係しているそうです。しかし、私 …